<その翻訳、専門的観点から見て、本当に正確ですか?>


法律・会計・税務などの専門的分野における日本語⇔中国語翻訳・通訳なら専門家におまかせください!


通訳案内士(中国語) 波賀野剛如 事務所


●行政書士・宅地建物取引士・マンション管理士・総合旅行業務取扱管理者などの法律専門知識

●日商簿記検定1級・全経税務会計能力検定・商学修士(租税法専攻)などの会計・税務専門知識

●ファイナンシャルプランニング技能士・年金アドバイザー・一種証券外務員などのファイナンス専門知識

を持つ通訳案内士(中国語)が直接翻訳・通訳を致します(普通話・粤語に対応)。


<ご安心ください!>
当事務所代表は、行政書士資格を持つ通訳案内士(中国語)です。
行政書士法上、行政書士(その使用人等についても同様)には厳格な守秘義務、行政処分及び罰則が課せられています(行政書士法12条、14条、19条の3、22条1項)。
契約書等の企業秘密である法的文書の翻訳も安心しておまかせいただけます。

トップページ ご挨拶 翻訳実績等 料金 中文(简) お問い合わせ
 
 トップページ>お問い合わせ

  お問い合わせ

中文咨询/中文諮訊

非常感谢向口译导游(中文)・行政书士波贺野刚如事务所的咨询。
为了避免变码,中文咨询请写下下面内容向下面邮址寄信。

非常感謝向口譯導遊(中文)・行政書士波賀野剛如事務所的諮訊。
為了避免變碼,中文諮訊請寫下下面內容向下面郵址寄信。



●咨询题目/資訊題目:
●姓名:
●性别/性別:
●国籍/國籍:
●电话号码/電話號碼:
●现居住址/現居住址:
●咨询分类/諮訊分類:
 1.书面翻译/口頭翻譯
 2.口头翻译/口頭翻譯
 3.其他
●具体咨询内容/具體諮訊內容:


<请放心!>
行政书士法上,行政书士(其佣人等也同样)有严格的保密义务、行政处分和罚则(行政书士法第12条、第14条、第19条之3、第22条第1项)。
行政书士法(昭和二十六年二月二十二日法律第四号)
(保密义务)
第十二条 除了正当理由的情况之外,行政书士不应当泄露在其业务受理事项上认识到的秘密。不当作行政书士之后也同样。
(对于行政书士的惩戒)
第十四条 如行政书士违反了本法律或基于本法律的命令、规则及其他都道府县长的处分时,或者有了不适合于当作行政书士的重大恶劣行为时,都道府县长可以将该行政书士处于显示在下面的处分。
 一 申诫
 二 两年以下停止业务
 三 禁止业务
(行政书士佣人等的保密义务)
第十九条之三 除了正当理由的情况之外,行政书士或行政书士法人的佣人等其他员工不应当泄露在其业务受理事项上认识到的秘密。不当作行政书士或行政书士法人的佣人等其他员工之后也同样。
第二十二条 违反第十二条或第十九条之三規定者处于一年以下徒刑或一百万日元以下罚金。
我们不会泄露从客户们得到的咨询内容和资料等,请放心地向我们咨询一下您不愿意第三方知道的内容。

<請放心!>
行政書士法上,行政書士(其傭人等也同樣)有嚴格的保密義務、行政处分和罰則(行政書士法第12條、第14條、第19條之3、第22條第1項)。
行政書士法(昭和二十六年二月二十二日法律第四號)
(保密義務)
第十二條 除了正當理由的情況之外,行政書士不應當洩漏在其業務受理事項上認識到的秘密。不當作行政書士之後也同樣。
(對于行政書士的懲戒)
第十四條 如行政書士違反了本法律或基於本法律的命令、規則及其他都道府縣長的處分時,或者有了不適合於當作行政書士的重大惡劣行爲時,都道府縣長可以將該行政書士處於顯示在下面的處分。
 一 申誡
 二 兩年以下停止業務
 三 禁止業務
(行政書士傭人等的保密義務)
第十九條之三 除了正當理由的情况之外,行政書士或行政書士法人的傭人等其他員工不應當泄露在其業務受理事項上認識到的秘密。不當作行政書士或行政書士法人的傭人等其他員工之後也同樣。
第二十二條 違反第十二條或第十九條之三規定者處于一年以下徒刑或一百萬日元以下罰金。
我們不會泄露從客戶們得到的諮詢內容和資料等,請放心地向我們諮詢一下您不願意第三方知道的內容。

日本語でのお問い合わせ

通訳案内士(中国語)・行政書士波賀野剛如事務所へのお問い合わせ有難う御座います。
お問い合わせは、以下のお問い合わせフォーム又は上記メールアドレスからお願い申し上げます。

<ご安心ください!>
行政書士法上、行政書士(その使用人等についても同様)には厳格な守秘義務、行政処分及び罰則が課せられています(行政書士法12条、14条、19条の3、22条1項)。
行政書士法(昭和二十六年二月二十二日法律第四号)
(秘密を守る義務)
第十二条 行政書士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱つた事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなつた後も、また同様とする。
(行政書士に対する懲戒)
第十四条 行政書士が、この法律若しくはこれに基づく命令、規則その他都道府県知事の処分に違反したとき又は行政書士たるにふさわしくない重大な非行があつたときは、都道府県知事は、当該行政書士に対し、次に掲げる処分をすることができる。
 一 戒告
 二 二年以内の業務の停止
 三 業務の禁止
(行政書士の使用人等の秘密を守る義務)
第十九条の三 行政書士又は行政書士法人の使用人その他の従業者は、正当な理由がなく、その業務上取り扱つた事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士又は行政書士法人の使用人その他の従業者でなくなつた後も、また同様とする。
第二十二条 第十二条又は第十九条の三の規定に違反した者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。
お客様よりご相談頂いた内容や資料等が外部に漏れることはございませんので、他人に知られたくない内容についても安心してご相談ください。



お問い合わせは、こちらからもどうぞ。


個人情報保護方針

第1条(定義)
一 本方針において「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、連絡先(住所・居所・電話番号・メールアドレス等)、映像情報、音声情報その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含みます。)をいいいます。
二 本方針において「本人」とは、個人情報によって識別される特定の個人をいいます。

第2条(個人情報の取得)
1 当事務所は、本人たる相談者又は依頼者であるお客様の同意のもと、本人の個人情報を収集させて頂きます。
2 当事務所は、本人たる相談者又は依頼者であるお客様の個人情報を偽りその他不正の手段で取得することはいたしません。

第3条(個人情報の保存期間)
当事務所は、行政書士法第9条第2項に定める帳簿保存義務に基づき、当事務所が取得した個人情報を帳簿閉鎖の時から少なくとも2年間保存します。

第4条(個人情報の利用目的)
当事務所は、取得した個人情報を以下の目的のために利用します。
一 当事務所へのお問い合わせに関し、本人へ対して行う回答
二 依頼を受けた仕事に関する契約の締結
三 依頼を受けた仕事に関する打ち合わせのための本人への連絡
四 依頼を受けた仕事に関し、本人に対して行う完成書類のご送付
五 キャンペーンのご案内その他のサービス情報提供ための本人への連絡

第5条(安全管理措置)
当事務所は、その取り扱う個人情報の漏洩、滅失又は毀損の防止その他の個人情報の安全管理のための必要かつ適切な措置を講じます。

第6条(第三者への提供)
当事務所は、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめ本人の同意を得ないで、個人情報を第三者に提供することはいたしません。
一 法令に基づく場合
二 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
三 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

第7条(個人情報の取扱いの委託)
当事務所は、その取得した個人情報の取扱いの全部又は一部を第三者に委託することはありません。

第8条(個人情報の開示)
1 当事務所は、本人から、当該本人が識別される個人情報の全部又は一部の開示を求められたときは、次の各号のいずれかに該当する場合を除き、当該本人であることの確認を経た上で、本人に対し、遅滞なく、当該個人情報を開示いたします。
一 本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
二 当事務所の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
三 他の法令に違反することとなる場合
2 当事務所は、前項の規定に基づき求められた個人情報の全部又は一部について開示しない旨の決定をしたときは、本人に対し、遅滞なく、その旨を開示しない理由とともに通知いたします。

第9条(個人情報の訂正等)
1 当事務所は、本人から、当該本人が識別される個人情報の内容が事実でないという理由によって当該個人情報の内容の訂正、追加又は削除(以下この条において「訂正等」といいます。)を求められた場合には、その内容の訂正等に関して他の法令の規定により特別の手続が定められている場合を除き、利用目的の達成に必要な範囲内において、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、当該個人情報の内容の訂正等を行います。
2 当事務所は、前項の規定に基づき求められた個人情報の内容の全部若しくは一部について訂正等を行ったとき、又は訂正等を行わない旨の決定をしたときは、本人に対し、遅滞なく、その旨(訂正等を行ったときは、その内容を、訂正等を行わない旨の決定をしたときは、その理由を含む。)を通知いたします。

第10条(個人情報の利用停止等)
1 当事務所は、本人から、当該本人が識別される個人情報が第2条第2項の規定に違反して取得されたものであるという理由又は第4条の規定に違反して取り扱われているという理由によって、当該個人情報の利用の停止又は消去(以下この条において「利用停止等」といいます。)を求められた場合であって、その求めに理由があることが判明したときは、違反を是正するために必要な限度で、遅滞なく、当該個人情報の利用停止等を行います。
2 当事務所は、本人から、当該本人が識別される個人情報が第6条の規定に違反して第三者に提供されているという理由によって、当該個人情報の第三者への提供の停止を求められた場合であって、その求めに理由があることが判明したときは、遅滞なく、当該個人情報の第三者への提供を停止いたします。
3 当事務所は、第1項の規定に基づき求められた個人情報の全部若しくは一部について利用停止等を行ったとき若しくは利用停止等を行わない旨の決定をしたとき、又は前項の規定に基づき求められた個人情報の全部若しくは一部について第三者への提供を停止したとき若しくは第三者への提供を停止しない旨の決定をしたときは、本人に対し、遅滞なく、その旨(利用停止等を行わない旨の決定をしたとき又は第三者への提供を停止しない旨の決定をしたときは、その理由を含む。)を通知いたします。

第11条(ご意見・お問い合わせ等への対応)
当事務所は、当事務所の個人情報の取扱いに関するご意見及びお問い合わせ等に対し、誠実に対応いたします。

Copyright © 2016-2018 通訳案内士(中国語) 波賀野剛如 事務所 All rights reserved.
by 無料ホームページ制作講座